<豚インフルエンザとは?>豚インフルエンザの症状と予防と対策方法

豚インフルエンザとは?-症状と予防対策方法-にかんして

豚,インフルエンザ

豚インフルエンザとは、いわゆる新型インフルエンザの一種で、動物(豚や鳥等)のインフルエンザウイルスが人間に感染する事で、人間の体内で増殖出きるように変異したあと、他の人間に感染可能になった未知のウイルスに拠って発症するインフルエンザの事だ。
このような未知のウィルスの場合、現状流行しているようなインフルエンザとはちがい、人類の殆どが免疫をもっていないしワクチンもない為、途方もなく感染しやすく、世界的大流行(パンデミック)につながる危険性があるとして警戒されているのだ。
次に、豚インフルエンザの症状の症状にかんして案内したいとおもう。
症状は、通常のインフルエンザと同様だ。
つまり、頭痛、関節痛、更に高熱等の全身症状がでる以外に、のどの痛みや鼻水等風邪に類似したような症状もでてくのだ。
また、上記の症状にプラスして肺炎や気管支炎等が併発すると途方もなく重傷化する事もありえる。
このような豚インフルエンザの予防方法はどう為っているのだろうか?
そこで予防方法として、厚生労働省が適切として挙げている予防方法を下記に記述しておくのだ。
まず、出掛けた後には絶対に手洗いとうがいをする事だ。
手を洗浄する時にはせっけんを使用して最低でも15秒以上はゴシゴシし、手を洗浄した後は充分に水気を拭き取る事だ。
更に、豚インフルエンザが確認されているメキシコやアメリカ等の流行地への旅行等は控え、もし流行地に居るときでも、繁華街等への人込みへは足を運ばないようにする事だ。
また、豚インフルエンザの予防方法として、充分な栄養と休養を摂取し、体の体力や免疫力を高めておく事も重要だ。


スポンサードリンク

WHOの豚インフルエンザに対する警戒レベル[フェーズ4]について

豚,インフルエンザ

世界保健機関(WHO)は、新型インフルエンザの一種である豚インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)に準備する警戒レベルを初めて[フェーズ4]にアップさせた。
WHOによると、[フェーズ4]とは世界的大流行(パンデミック)に成る可能性があると云う警戒レベルのようだ。
つまり、WHOは、豚インフルエンザをパンデミックになり得る新型のウイルスと決断したのだ。
これを受け、日本の外務省も豚インフルエンザに対し、[感染症危険情報]を出したようだ。
WHOにより、豚インフルエンザの流行の警戒レベルが[フェーズ4]に引き上げられた事を確認した外務省は、4月28日午前、メキシコやへの渡航の延期を勧告する等の[感染症危険情報]を出した。
また、これからも感染の拡大が予測される事に対して、厚生労働省や感染症情報センターのホームページでも、豚インフルエンザにかんするQ&Aを公開している。


豚インフルエンザの感染経路(ルート)、予防ワクチン、タミフルについて

豚インフルエンザのメインの感染経路(ルート)としては、現状のところ、飛沫(ひまつ)感染と接触感染のようだ。
飛沫(ひまつ)感染とは、感染者がくしゃみやせきをする事で、唾(つば)や鼻水の細かい粒子を他人が吸い込む事により感染する経路(ルート)だ。
接触感染とは、汚染された手で鼻や目を接触する事で感染する経路(ルート)だ。
では、豚インフルエンザの予防ワクチンは効くのだろうか?
新型に変異する前の豚インフルエンザと同じH1N1型の予防ワクチンは実在するようだが、人型と豚型のウイルスはちがう為、このワクチンによる予防効果は待望不能だと云う。
WHOによると、新型ウィルスに対応したワクチンの開発には、4カ月から6カ月の時間が必要のようだ。
しかしながら、豚インフルエンザには、タミフルが適切と云う事が把握できてきたようだ。
予防ワクチンの効かない豚インフルエンザだが、現状のところ、豚インフルエンザには、抗インフルエンザ剤[タミフル][リレンザ]が適切とみられている。
ついでに、中国は現状、この抗インフルエンザ薬[タミフル]を相当量保管しているようで、更にタミフルの原材料も10数トン分確保済みらしい。
これだけの量の[タミフル]をもっている国が近くにあると云う事は、日本にとっても心つよい限りだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6&tbm=blg&output=rss&num=50






Desknet's