<リカバリディスクの作成方法>リカバリディスクの作り方や使い方、リストア(復元)する方法

リカバリディスク作成の必要性について

リカバリディスク,作成,方法

当ホームページでは、Windows xpやvistaのユーザーでリカバリディスクの作成方法を探し求める人が少なくない為、リカバリディスク作成の必要性、方法、リストア(復元)する方法を案内したいとおもう。
リカバリディスクをあらかじめ作成しておくと、例を挙げると、パソコンが劣悪なウイルスに感染してしまったり、何らかの誤操作をした場合に、パソコンが起動しなくなってしまった、と云うとうな時にとっても役に立つ。
何人もが御存知のリカバリディスクと云うものは、パソコン購入時にオプションとして付属している場合が殆どだ。
自身としては、パソコンを肝心に活用しているつもりでも、何らかのソフトウエアをインストールしたり、何か新しい操作をしたあとに、パソコンがフリーズして、其の後、動作が懸念定になってしまった!と云う事は、誰でも1度くらいは経験があるとおもう。
そのような時に準備して、リカバリディスクを作成する事に拠って、リカバリを実践するのだ。
リカバリは、パソコンのメーカーに拠って方法が相違する。


スポンサードリンク

リカバリディスクによるリカバリの方法について

リカバリディスク,作成,方法

リカバリディスクによるリカバリの方法
リカバリディスクの作り方や使い方を気付いていれば、たとえ紛失しても、販売されている作成ソフトやツールで直ぐに作成可能に成る。
ところで、近頃のリカバリディスクは、CDやDVD等のメディアに入っているのではなく、ハードディスク内に、リカバリ領域と云うものが用意されている。
このリカバリ領域に、リカバリに必須なプログラムデータが入っているのだ。
殊更にノートパソコンの場合だと、このリカバリ領域型のものが少なくない。
今から数年前のモデルのパソコンには、絶対にリカバリディスクと云うものが付属していたものだ。
ここでは敢えて、販売されているリカバリディスク作成ソフトやツールを使わずにリカバリする方法に絞って案内したいとおもう。
リカバリディスクによるリカバリの方法は、以下のように2つ有る。
1つ目の方法は、Windowsとプリインストールソフトウェアの再インストールを実践すると云う方法で、2つ目の方法はフルリカバリと云う方法だ。


リカバリディスクで現実にリストア(復元)する場合について

Windowsのプリインストールとインストールされているソフトウェアの再インストールの場合は、自身で作成したファイルが削除される事はない。
しかしながら、自身がほどこた設定情報が失われてしまう為、リカバリが完了したら、再び自身の設定をやり直すと云う必須事項が有る。
だが、フルリカバリとはちがって自身が作成したファイルにかんしては、削除されない為、この分後の対処が楽チンに成る。
[Windowsが起動出きない]と云う時には、まずあわてず、このリカバリディスクに拠ってリストア(復元)をすべきだろう。
もう1つのフルリカバリは、[初期化する]と云う事だ。
購入した時点、つまり工場出荷時の状態にもどしてしまう為、自身で作成したデータも、設定情報も何もかも消滅する事に成る。
だからこそ、こういった場合に準備して、消失するとマズイ自身が必要にしているデータ等は、他の記録媒体(USBメモリや外付けHDD等)に保存しておく、等の対処を日常から意識しておくと良いだろう。
リカバリディスクからリカバリを実践する、と云う場合の所要時間は約60分から120分と云うものだ。
時間がない、と云う時に実践するのではなく、時間に余裕があるときを活用して、落ち着いて実践しよう。
リカバリディスクさえあれば、マザーボード、メモリ、ハードディスクと云ったハードウェアの故障じゃないようなら、ガッチリ元の状態にもどるのだ。
普段からガッチリバックアップ、これって本当に大切な事だ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






Desknet's