電報文章の書き方と電報文章のマナー

電報文章の書き方とマナー:祝電と弔電のちがいについて

電報,文章

電報の文章を考慮する事に苦労した事はないだろうか。意外とたいへなものだ。
白紙の前に座ってどのような内容の電報文章を記述したら良いのか・・・・・・一時間ほど苦しんでしまうってよく聴く話だ。
何か気の利いた言葉でも沸けば良いのだが、作家でも何でもない一般人にとって、やっぱり気の利いた言葉を記述するのは敷居が高いとおもう。
それでは一体どうすれば気の利いた電報文章を記述する事が出きるのだろうか?
まず電報と一口に云っても何種類かの種類が実在するとおもわれる。
結婚式や誕生日等のお祝いごとの祝電、もしくはお葬式等の訃報の弔電、ごく一般的に使用される通常の電報等等その種類もイベントごとに多種多様だ。
当然の事だが、祝電と弔電に同じような内容の電報文章を記述するはずがない。
祝電を記述する時には、戸惑っても不吉な事や忌み言葉等を電報文章で使用しないようにする。
弔電のときも勿論、不吉な事等記述しないようにした方が良いに決定しているが。


スポンサードリンク

電報文章の書き方とマナー:→弔電を記述するときの注意点について

電報,文章

弔電を記述するときの電報文章の注意点としては、出きるだけ深い事情に立ち入らないように記述する事だ。
また、[他界]や[死去]、[死んでしまって]とか直接に死を連想させるような電報文章は敬遠した方が良い。
[重ね重ね]や[また]、[再び]、[たびたび]等の不幸が連続するような言葉も敬遠した方が良い。
更に[とんだ事になった]とか[夢にも思わなかった]とかの大袈裟な電報文章も敬遠した方が良い。
電報の文章には粛々と弔う言葉を綴ろう。
また祝電や弔電では、たとえ親しい仲であっても、敬語を使用すると良い。殊更に弔電の電報文章では、絶対的に敬語を使用して欲しい。
父は[ご尊父][お父上]だ。母は[ご母堂][お母上]だ。また、夫は[ご主人][ご夫君]だ。妻は[奥方][奥様][ご令室]だ。
更に息子は[ご令息][ご子息]だ。娘は[ご息女][お嬢様]等の敬称で記述すると良い。


電報文章の書き方とマナー→友達に送る電報文章について

これ以外、友達に送るような友好的な内容の電報であれば、文章はどのような事を書こうと自由に構わない
だからこそ、ハローキティやスヌーピー等の可愛いキャラクターと連携した電報サービス等も、近頃ではよくみられるのだろう。
これはハローキティやスヌーピー等の可愛いキャラクターのぬいぐるみが、電報・手紙を背に負って届けてくれると云うサービスだ。
このようなものを活用して、ちっぽけな子供さんの誕生日にバースデーカード代わりに気の利いた電報文章を打ってあげると、途方もなく喜ばれるかも知れない。
また、可愛いキャラクターに限らず、近頃では多種多様なデザインの電報サービスがあるようなのいっぺん探し求めてみるのも良いだろう。
インターネットで[電報]と検索すれば、電報サービスを扱った会社のHPがザックリ表示されるとおもう為、いっぺんこちらで自身のお気に入りを探し求めてみるのも興味深い。
メールや携帯電話が爆発的に普及している現代社会だからこそ、電報でメッセージを戴くと一味ちがったうれしさがあるものだ。
反対に、気の利いた電報文章で受け取る人に喜んで頂きたいものだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






Desknet's