<弔電の敬称とは?>弔電の敬称と手紙のマナー

弔電の敬称の付け方について

弔電,敬称,マナー,手紙

弔電の敬称の付け方って、本当にむずかしいとおもっている人も少なくないのではなかろうか。
弔電の敬称は本当のところどうすれば1番礼儀にか為っているのだろうか?
反対に、弔電の敬称で使用してはいけない表現は何なのだろうか?
これらにかんして正確に答えられる人は良いが、うろおぼえの人の場合ただしい知識を身に付けて現実に使用する時に間ちがいないようにしたいところだ。


スポンサードリンク

弔電の敬称の付け方マナーについて

弔電,敬称,マナー,手紙

弔電の敬称は、まず両親にかんして父親なら[ご尊父様]、母親なら[ご母堂様]だ。
配偶者の場合は、夫なら[ご主人様]、妻なら[ご令室様]だ。
何か今の時代の流れとマッチしないような言葉だが、儀礼の場でのやりとりだから気にする必要はないだろう。
祖父(おじいちゃん)は[ご祖父様]、祖母(おばあちゃん)なら[ご祖母様]。これはそのままで良いのだ。
更に、息子なら[ご令息様]もしくは[ご子息様]。また、娘なら[ご令嬢様]もしくは[ご息女様]だ。
わざわざこのような単語を使用しなければならないような羽目には出きる限り遭遇したくないが、こういう事もあり得るのが人生なのかも知れない。
ところで、父親や母親にかんしての話だが、義理の両親にはどのような言葉を使用したら良いのだろうか?
この手の疑惑を口にする人が時々いるが、弔電の敬称の場合には実の両親と義理の両親の呼称は同じでよい。
間ちがっても[岳父様]等と云った間ちがった敬語を使用しないように気を付けよう(他の場面なら勿論問題ないが)。


手紙の敬称の付け方マナーについて

さて、弔電の敬称の話からは少し離れるが、通常の手紙(レター)等で人を示す敬称にかんして、もっとザックリ観ておきたいとおもう。
まず、相手側を呼称する場合の呼び名の敬称は[★★様][★★さん][貴殿]だ。
他方、謙譲語(自身を呼称する場合の呼び名)だと[私][私ども][手前ども][当方]と云うのが自身の事を呼称する時の言いまわしだ。
次に家族を示す敬称は、尊敬語だと[ご家族様][皆様][ご一家様]、謙譲語だと[家族][家族一同][私ども]だ。
両親の場合は尊敬語だと[ご両親様][お父様][お母様]と云う敬称に成る。謙譲語だと[両親][父母]。
配偶者の敬称の場合だと、夫の尊敬語は[ご主人][ご主人様][だんな様]。
謙譲語は[夫][主人][亭主][宅]だ。妻の尊敬語は[ご令室][ご令室様][奥様][令夫人]、謙譲語なら[妻][家内][女房]だ。
子供の敬称は[お子様(複数ならお子様方)][子供]が尊敬語だ。[子供(たち)]が謙譲語だ。
祖父・祖母の敬称なら[ご祖父様][おじいさま][ご祖母様][おばあさま]が尊敬語、[祖父][祖母]が謙譲語だ。
なかなかどうしておぼえる事に時間がかかってしまい難解で誤り易い親族の敬称。常日頃からガッツリと身に付けておきたいものだ。

 

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






Desknet's