<逆算時計とは?>逆算時計が人気の秘密

逆算時計が人気の秘密にかんして

逆算時計

逆算時計の製品を扱っている販売店や店が現状注目されているようだ。
逆算時計からカウントダウンクロックからは、いま話のネタになってる製品の発売日やオリンピック等のビッグなイベント等の前に、[あと何日]と云う形で表示する時計の事で、近頃でもイベント前等にたまに見掛けるものだ。
それは、待ちに待ったその日の為にカウントダウンする面白さを、[日にち]と云う形にしたユニークな時計の事だ。現状、話のネタに為っているイベントと云えば[北京オリンピック]だろう。
中国国家博物館には逆算時計が設定されたらしい。
これは、愉快なイベントまでの残りの期間を指折りで教えてくれる。
この逆算時計が、殊更に近頃注目を浴びているのは、単に[カウントダウン]と云う事とはややちがう事情のようだ。


スポンサードリンク

逆算時計で最低の単位[1日]について

逆算時計

あるテレビ番組での事だが、某超有名会社の起業家が若い頃に40歳までの期間を逆算時計で計算し、日常自身にプレッシャーをあたえながら勉強していた放送が、勉強熱心な視聴者の心を刺激し[あの逆算時計、自身にも買い付ける事は可能だろうか?]と話のネタになったのだ。
そこで、逆算時計の購入価格や通販情報を知りたい人が、知識賢治、シチズン、ソフトの販売や販売店にかんする情報を求めていると云う。
我々の生活している時間と云うのは、健康な時は末永くつづくような感覚でいるが、その時間の実在は当然の事ながら限りが在り、これを現実に実感するように成るのは現実に時が過ぎてしまってからなのかも知れない。
そのような流れでてゆく時間をグワッとつかみ、[あと★★日しかない!]と自身を奮い立たせ、叱咤激励する事なのだろう。
逆算時計は、大きなカウントダウン以外にも[今日のカウントダウン]と云うのものも1日のメリハリをつける為に必要かも知れない。
時間は、長い期間で大幅に考慮する事も出きるが、最低の単位[1日]と云うの期間にスポットを当ててみるのも、日常を肝心に過ごすポイントに成るからだ。


逆算時計とフリーのブログパーツについて

逆算時計の購入価格や通販情報を知りたい人が、知識賢治、シチズン、ソフトの販売や販売店にかんする情報を求めていると云う。
しかしながら、製品としてはなかなかどうして見つからない事が少なくないが、フリーのブログパーツを探し求めて自身のブログのトップページに貼ると、自身だけの目標へと意識がいくのじゃないだろうか。
目標を立てると云う事は[数値化をする事]と云われる。我々の人生の中で、数値化にする目標と云うのは意外とむずかしいが、逆算時計(カウントダウンクロック)に拠って目前にハッキリと目標への道が解放して足を運ぶのじゃないかとおもわれる。
思い出してみると、西暦2000年をむかえる時には、何人もが心の中で[あと何日でミレニアムか]とエンジョイしながら、あたかも時代の生き証人のごとくカウントダウンしたのじゃないだろうか。
あのときのワクワクした気持ちのように、自身の発達した姿を思い浮かべながら、目標に向かって一歩一歩邁進していく事が出きたなら。。。その為に必要なものが逆算時計で在り、[あと何日か]どうかを表示する逆算時計・・・・・・ただそれだけの任務しかない[逆算時計]・・・・・・だとしたら、途方もなく不思議なものだが、途方もなく素敵なものとも云えるだろう。

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E6%99%82%E8%A8%88&tbm=blg&output=rss&num=50






Desknet's