<フロッグ洗剤>ヴェルナー&メルツのフロッグ洗剤(フロッシュ)

フロッグ洗剤と地球環境にやさしいエコロジカルな洗剤について

フロッグ,洗剤

フロッグ洗剤(フロッシュ)だが、消費者の活用目的に応じて多種多様な種類が用意されているようだ。
オレンジキッチンウォッシュ(濃縮タイプ)、ソーダキッチンウォッシュ(濃縮タイプ)、アロエべラキッチンウォッシュ(濃縮タイプ)、オレンジマルチクリーナー(濃縮タイプ)、オレンジクリームクレンザー、ビネガートイレクリーナー、ビネガークリーナー、フロッシュフォームボトル (キッチンウォッシュ用)、フロッシュスプレーボトル (マルチ・ビネガー用)、そして、カエルのキャラクターがとっても可愛い水切りスポンジマットやスポンジワイプ等もある。

 

皆さんはこのフロッグ洗剤の事を御存知であろうか?
これは、ヨーロッパにあるドイツの会社、ヴェルナー&メルツ社が生産している、
途方もなく地球環境にやさしいエコロジカルな洗剤の事だ。
[フロッグの洗剤]と云うのは、いわゆる日本における俗称の1つで、正式名称は、[フロッシュ]と云うようだ。
これがなぜ[フロッグ洗剤]と云われるのかと云うと、それはパッケージに描かれたマークが緑のカエルだからだ。
日本ではあまり認識されていない事かも知れないが、ドイツと云う国はヨーロッパの国々の中でも殊更に環境問題に熱心に取り組んでいる国家だ。
そのようなドイツだから、洗剤にも勿論エコロジカルな配慮を失念していない。
そして、そのようなエコロジカルなフロッグの洗剤に選択されたかわいいカエルのマーキング。
これもあまり認識されていない事かも知れないが、カエルは綺麗な水のあるところでないと生きていけない。
そのようなカエル達が落ち着いて生きていけるような綺麗な自然環境を造れるような洗剤・・・こんな素敵な意味合いを込めて、フロッシュの容器にはカエルのマークが描かれているのかも知れない。


スポンサードリンク

ドイツ国民とフロッグ洗剤(フロッシュ)について

フロッグ,洗剤

フロッグ洗剤(フロッシュ)にはリン酸塩、ホルムアルデヒド等有害な物質は一切合財含有されておらず、界面活性剤も出きる限り制御しているそうだ。
にもかかわらず、その洗浄力は通常の家庭用洗剤に負けていないと云う理想的なものなのだ。
ドイツ国民は、実に全家庭の半分以上でフロッグ洗剤(フロッシュ)を使用しているそうだ。
フロッグ洗剤(フロッシュ)を生産しているヴェルナー&メルツ社は、実に19世紀に設立されたと云う歴史のある由緒ある会社だ。
ヴォルフガング・ヴェルナー氏が設立したろうそく製造会社[ヴェルナー兄弟商会]がその前身だそうだ。
しかしながら、フロッシュ(Frocsh)ブランドが誕生したのは1986年の事だ。
環境保護運動の波に乗ってドイツではあっと云う間に受け入れられたフロッグ洗剤(フロッシュ)だが、現実、日本にフロッグ洗剤(フロッシュ)が上陸したのは2001年5月の事だそうだ。
フロッグ洗剤(フロッシュ)の日本におけるデビューイベントは、新宿で実行された[サスティナブル・デザイン展]での出品だったそうだ。
環境に優しいドイツから来たカエルマークのかわいい洗剤・・・是が非でも、貴方もいっぺん使用してみてはどうだろう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BE%87%E2%80%A0%E2%80%A0%E2%80%A0%E2%80%A0&tbm=blg&output=rss&num=50







Desknet's