<有田陶器市とは?>佐賀県の有田陶器市のツアー情報や駐車場について

有田陶器市は佐賀県で開催されていて駐車場だってある事について

有田陶器市,ツアー

有田陶器市は九州佐賀県の有田市で開催される、毎年4月29日から5月5日に渡って実践される恒例の陶器市の事であり駐車場も完備されている。
有田周辺は陶器の産地がおおく、伊万里焼の伊万里や唐津も有田に隣接している。
有田陶器市は、遡る事大正時代から開始されており、戦争を挟んで戦後の昭和23年には再開したそうだ。
有田焼陶器市以前は、有田で焼き物はもっぱら業者向けの卸しがメインで、一般の消費者が単品で焼き物を購入する事ができなかったと云う。
大正時代に青年会が主導権をもって陶器店に呼びかけたて、在庫処分を目的とした陶器市を開始したのが、有田陶器市の由来だそうだ。
一般人でも焼き物1個から購入する事が出きる為、すぐさま大人気となって、相当の人達が集まるようになった。
現状の有田陶器市では、毎年70万人から80万人もの人達が訪問し、1大イベントと為っている。


スポンサードリンク

有田陶器市と普通のツアー、バスツアー、快速有田陶器市号について

有田陶器市,ツアー

有田陶器市には、普通のツアーもあればバスツアー、快速有田陶器市号まだほどだ。
この事を観ても、いかに人気のあるイベントなのかがよく把握できるだろう。
私がおもうに、有田陶器市が人気イベントとして注目される原因としては、出品される陶器が有田焼に限らず、近隣の焼き物の産地からも出品がある為、伊万里や唐津の掘り出し物も見つけられる可能性がある事だろう。
更に、有田陶器市が人気イベントとして注目される原因としては、勿論陶器の掘り出し物を安く購入する事が出きる事だが、店員との値引き交渉が楽しい事もあるだろう。
また、焼き物の歴史や技法にかんしても、多種多様解説を耳にする事が出きるし、話をしてるうちにコミュニケーションが深まって、思いがけない値引きをしてくれる事もしょっちゅうとの事だ。
有田陶器市では、原則的にハンパな売れ残りの焼き物が販売されているが、この中にはセット物にもかかわらず数量がハンパなため製品として残っているような、いわゆる堀出し物等もある為、他の店で同じような焼き物を見つければ、市場で手に入る価格よりも相当安い価格で、有田焼を購入する事が出きてしまう。
あくまで私見だが、こういった具合に思いがけない喜ばしい事がたくさんある事こそ、普通のツアー、バスツアー、快速有田陶器市号がある理由とは云えないだろか。


有田陶器市と有田焼き、地図、香蘭社について

有田陶器市に興味ある人達は、有田焼き、地図、香蘭社等と云うキーワードでたびたびネット検索しているようだ。
つまり、有田陶器市に興味ある人達は、有田焼きだけでなく地図、香蘭社にも関心があると云う事だ。
この件に関し、少し観ていきたいとおもう。
有田焼き自体は、高級な食器としては途方もなく高価なものだが、デパートや陶器の専門店では、有田陶器市で購入する何倍もの価格で販売されているのだ。
有田焼きの陶器ファンに限定されず、料理で和食用の食器が欲しいと云う人も、毎年、有田焼陶器市で食器を求める事がおおく、年々盛況に為っている。
有田陶器市の地図を探し求める人が少なくないのもうなずける。
有田では、伝統的な和食器に限らず、オリエント趣味の洋食用の食器も作成しているから、変わった洋食器を探し求めている人も、1度有田陶器市を覗かれる事をお勧めする。
九州のこのあたりの地域は、大陸から陶磁器の技術が伝来した初めの地域で在り、多種多様なタイプの陶磁器が造られている。
そこで、香蘭社と云う会社も出現したようだ。
有田焼陶器市をメインイベントとして、その前後に周辺の唐津や伊万里に足をのばして、陶磁器ツアーを企画しても興味深いかも知れない。
わざわざ九州まで足を運んだからには、有田焼の陶器市も見逃せないが、他の焼き物の産地に足を運んで、陶磁器の見識を広くするには格好の機会と云える。

有田陶器市周辺のお勧めの駐車場にかんして

有田陶器市周辺の駐車場は、各所に色々あるみたいだが、すぐに満車になる。
なぜなら、陶器市目的の観客は、まだうす暗い早朝に到着して、車の中で少し仮眠をとってから足を運ぶからだ。
もし自身の車を停める駐車場が見つからないと、近くの小学校の校庭を駐車場として借りたいとおもう。
しかしながら、目当ての窯元や店があるなら、できる限りそこに近い駐車場が良いとおもうのが人情だ。
また、有田陶器市からの帰りに大混雑する事を考慮すると、あまり中央に近いところに駐車するのも考えものだ。
と云うか、前述したように、有田陶器市は朝一に到着しないと会場近くの駐車場はすぐ満車に成る。お勧めも何もないのが現状だ。
たとえ、人知れずべんりな駐車場があったとしても、インターネットで公開してしまうと場所取り合戦が熾烈に成る為、公開不可能だ。
ついでに、有田陶器市の開催中、初日が1番人数が少なくないそうで、私は、初日の朝5時半に福岡市内の自身の家を出発し、7時半には駐車場に入ったが、とっくに中央周辺の駐車場は満車だった。
また、変なところに駐車すると[網張りおじさん]と称される怪しい男が出没するそうなの注意しよう。
どこの世界でも他人に迷惑をかける人間はいるものだ。
そこで以下に、有田陶器市の駐車場確保の裏技にかんして記述しておくのだ。

有田陶器市の駐車場確保の裏技にかんして

毎年、有田陶器市に行きたい、と考慮しながらも恐怖を実感するほどの大混雑で、毎年諦めていた。
しかしながら、2009年こそは気合いを入れて行こうとおもっている。
そこで、自身の車で訪問しようと考慮しているのだが、当然大渋滞するはずだ。
有田陶器市の会場周辺の駐車場等の混雑状況は一体全体どう為っているのだろうか?
また、車の渋滞状況や、駐車場のキープの手順等を念頭に入れたら、会場に何時頃到着するのがベターだろうか?
一応、朝10時頃に有田陶器市へ到着予定だが、これってやっぱり遅いだろうか?
この件にかんして多種多様に調査して結果を記述しておくのだ。
毎年、国道35号線及びこれとつながる県道は大混雑に成る。
具体的には、佐賀・武雄方面から有田へ入る道も長崎県の佐世保・三河内方面から有田へ入る道も大渋滞に成るのだ。
更に、北の伊万里方面から有田へ入る道も同じく大渋滞に成る。
殊更に、有田陶器市から南に車で5分ほどの距離にある、長崎県の波佐見町でも同時期に波佐見陶器祭りが開催される為、波佐見から有田の道も大渋滞に成る事を念頭に置いておく事だ。
有田陶器市の期間中は、公営の駐車場も多量に確保されているし、道に拠っては近くの民家の庭や空き地が急遽駐車場に変化し、通りすがりの車を呼び込んでいるが(金額は公営駐車場と比較してちょっと割高)、やっぱりどこもすぐ満車に成る。
また、有田陶器市の会場周辺から駐車場は満車になっていく為、ちょっと歩く事になっても駐車場に空きが見つかったら、そこに駐車してしまった方が良い。

 

>>朝10時頃に有田陶器市へ到着予定だが、これって遅いだろうか?
この時間帯に到着すると、どこの駐車場もとっくに満車だ(偶然駐車場が空いていてラッキーと云う事はあるが)。
もし会場まで車で足を運ぶなら、天気にもよるが、遅くとも朝8時ぐらいまでの到着予定を立てたほうが良いようだ。
しかしながら、これでも上手く駐車場を確保出きない事があるので注意する事だ。
有田陶器市の駐車場確保の裏技として、途中のJR駅や駐車場に車を置いておいて、そこからJR等の交通媒体を上手に活かす方法がある。
例を挙げると、佐賀・武雄方面から来るなら、武雄温泉駅の南口にコインパーキングがある為、ここに駐車して、そこからJR有田駅か上有田駅で下車する。
有田駅には鈍行は勿論の事、特急みどりやハウステンボス号も停車する。
但し、このパーキングも連休中と云う事で時間的には満車の可能性もある事に注意して欲しい。
また、有田陶器市の駐車場確保の裏技として、福岡から唐津・伊万里方面体と、伊万里から有田に入る手前に西有田(現状は有田町と西有田町が合併して[有田町]に為っている。)のどっかに駐車してから、松浦鉄道を使い有田に入る方法もある。
但し、西有田にはコインパーキングはなかったはずだ。
更に、有田陶器市の駐車場確保の裏技として、有田には[有田焼卸売り団地]と云うものが中心街からほんのちょっと入ったところに立っているが、ここは意外と駐車出きるスペースが在り、勿論有田焼のショッピングだってあるのだ。
但し、この裏技、中心街を通過する事に成る為、時間帯に拠っては中心街まで入っていくに時間がかかる事に注意する事だ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B9%9D%E5%B7%9E&tbm=blg&output=rss&num=50






Desknet's