<アルトナの歴史>アルトナとプロイセン、ナチスドイツ、カールライネッケ

アルトナの歴史について

アルトナ

皆さんは、アルトナと云う都市を御存知だろうか。
アルトナとは、別名[ハンブルクアルトナ]と称され、ドイツのハンブルク市の西部に部分する歴史的な都市の事だ。
ここはハンブルク市の1部となっており、宇宙の小惑星である[アルトナ小惑星]の名前もしくは名称は、この都市にちなんでいる事が本当に超有名だ。
この土地には[ハンブルクアルトナ駅]と云うものが実在し、これはドイツのハンブルクアルトナに部分する列車の駅の事だ。
この駅は、行き止まり式のユニークな駅である事から、世界中の駅の中でも珍しい駅の1つと云えるだろう。
この駅の近くには、列車車両の基地や貨物のヤード等が実在し、ICE等の高速列車や各国を連結する国際列車のターミナルステーションとしての任務を成し遂げている。
古(いにしえ)より多種多様な国々の人達が、この駅に降り立った事だろう。


スポンサードリンク

アルトナとドイツ帝国について

アルトナ

ハンブルクアルトナ駅の東にはハンブルクの中央駅が在り、この駅から電車でおよそ10分レベルで到着する。
旅客数で比較すると、現状は若干ハンブルクの中央駅の方が少なくないようだ。
この駅は歴史が実に古く、西暦1844年のデンマーク領であるシュレースヴィヒホルシュタイン公国の都市アルトナに建てられた駅こそがこの[ハンブルクアルトナ駅]であるのだ。
この駅が建設された結果、アルトナとバルト海沿いの軍港キールが鉄道で連結される事になった過去が有る。
西暦1844年の頃は、まだドイツ帝国が成立しておらず、エルベ川東岸のハンブルクとは別の国家と為っていた。
しかしながら、歴史書に絶対と云っていいほど記述があるドイツ統合のプロセスにおけるシュレースヴィヒホルシュタイン戦争と普墺戦争を通じて、ハンブルクとアルトナがより密接に結びつけられていく事に成ったのだ。
このプロセスにより、ドイツ帝国が成立した後の1898年に、現ハンブルクアルトナ駅である新駅舎が完成したと云う時代背景が有るのだ。


アルトナとプロイセン、ナチスドイツ、カールライネッケについて

其の後、アルトナは[プロイセン]と云うドイツ国家の支配下に在り、1938年にナチスドイツの政権下における行政区域の改革に拠ってハンブルクと合併する事に成った。
この時に駅の名前もしくは名称が[アルトナ駅]から[ハンブルクアルトナ駅]と改名されたのだ。
そして第2次世界たいせんが勃発し、駅舎は凄い損傷を受ける事に成ったのだが、1950年にかつてと同じ形でアルトナ駅の復興仕事が実践された。
この駅が、いかに世界的に愛されていた駅だったかを、ここで確認する事が出きる。
其の後時間が経過するにつれて路線も増大していったが、駅舎の更なる近代化が進められる事になった。
現在の駅舎は、こういった歴史を経て建設されたものなのだ。
アルトナ出身の本当な超有名人として、カールライネッケ(作曲家)がいる事は世界的にも著名だ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






Desknet's