<カーフェリーとは?>カーフェリーの航路と料金

カーフェリーの航路と料金について

カーフェリー

皆さんはカーフェリーに乗った事はあるだろうか?
カーフェリーとは、英語で記述すると[Car Ferry]がスペルで在り、Carは自動車を意味し、Ferryは渡し船を意味する、つまりは車を運搬する船舶の事だ。
また、船に限定せず自動車を運搬する飛行機の事も同じ呼称になる時もある。
すなわち、カーフェリーとは、自動車のみではなく多種多様な大きな貨物や、人間の輸送も実践するのだ。
本来こういった船舶を日本語では自動車渡船、自動車航送船と呼称していたようだが、外来語としてカーフェリーと称される時の方が少なくないとおもう。
法律上の定義によると、旅客定員13人以上で旅客定期航路事業に属する旅客フェリーと、旅客定員12人以下で自動車航送貨物定期航路事業に属する貨物フェリーの2種類に分類される。
参照事項として、この利用率が高い地域は、東京、九州、北海道、青森、新潟、沖縄、宮崎、名古屋の順だ。


スポンサードリンク

カーフェリーの航路にかんして

カーフェリー

1965年4月に、日本カーフェリー株式会社が川崎港から木更津港へ木更津航路ををオープンしたのが始まりのようだ。
更にこの会社は、1971年3月に川崎港から九州の日向細島港に京浜航路をオープンした。
同年6月には九州の宮崎カーフェリーが東神戸フェリーセンターから日向細島港への神戸航路をオープンした。
次に同社が、1972年5月に大阪港から日向細島港への大阪航路をオープンした。そして1972年7月には、日本カーフェリーが宮崎カーフェリーを吸収合併して1つの会社になった。
吸収合併を果たした同社は、1974年3月には広島港から日向細島港への広島航路も開設し、1980年3月には大阪港から志布志港への志布志航路を開設したが、経営不振に悩み1982年にはこの航路を廃止すると云う憂き目を観た。


カーフェリーの料金について

シーコムが1990年8月に日本カーフェリーを買収し、シーコムフェリーを設立し、1992年10月にはマリンエキスプレスと社名を変えた。
1997年12月、東京湾アクアラインが開通し、木更津航路のものは廃止される事になった。更に、1998年5月には神戸航路も廃止された。
マリンエキスプレスは、2004年8月、新会社[宮崎カーフェリー]を設立し、大阪航路と貝塚航路をこの新会社へ営業譲渡した。
しかしながら、マリンエキスプレスは2005年に経営不振に陥り経営破綻し、全航路が廃止される事になった。勿論前述した宮崎カーフェリーに営業譲渡した航路は生き残った。
しかしながら、原油の大幅な高騰により、2006年4月、同社の貝塚航路も廃止される事になった。
以上のようなプロセスにより、2008年1月には、日本で唯一運行されているカーフェリーの航路と云うのは、なんと大阪航路(大阪港─宮崎港)だけになってしまったのだ。
カーフェリーの料金は、まず人間(大人)の時は、客室の等級により価格が変動し、特等室で24,700円(繁忙期は30,000円)、1番安い2等室で10,800円(繁忙期は12,000円)と為っている。
自動車の輸送料金は、車両の長さが3m未満で20,400円(繁忙期は23,000円)、12m未満で86,400円(繁忙期は86,400円)と為っている。
但し自動車の輸送料金には、運転者1人分の2等室の料金が包括されている。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E5%9B%BD%E5%86%85+%E6%97%85%E8%A1%8C&tbm=blg&output=rss&num=50






Desknet's