<簡保(かんぽ)の宿とは?>簡保(かんぽ)の宿が郵便局の簡易保険に加入せずとも利用可能になり大人気

郵政公社の民営化でどうなった?簡保(かんぽ)の宿について

簡保,かんぽ,宿

簡保(かんぽ)の宿も郵政公社の民営化で、平成19年10月1日より郵便局の簡易保険に加入していなくても活用可能になり、大人気を集めている。
社会保険庁の作成したグリーンピア等とちがって、簡保(かんぽ)の宿は、必須事項としての充分な施設で、格安の宿泊料で泊まれる。
本当に簡保に加入している人達からは長期間支持され、活用されてきた。
これが一般の人も活用出きると云う事は、郵政公社の民営化の賜物(たまもの)と云えるだろう。
勿論簡保(かんぽ)の宿は全国に在り、宿泊代にはバラツキはあるものの、10,000円でお釣りが来る。
簡保(かんぽ)の宿で2人以上であれば、ざっくり一般の宿泊施設よりは、5割から6割ぐらいの値段で泊まる事が出きるだろう。


スポンサードリンク

簡保(かんぽ)の宿の会員になりポイントゲットと割引価格について

簡保,かんぽ,宿

郵政民営化前は簡保(かんぽ)の宿で、簡保加入者が同伴する場合は、追加料金が取られたが、民営化後は喜ばしい事にそれもなくなった。
郵政民営化のおかげで、簡保に加入していなくても、かんぽの宿の会員になれる事になり、いよいよ喜ばしい限りだ。
かんぽの宿を上手に活かすのは、個人の客ばっかりでなく、本来企業の研修等にも使用する事が出きて、この場合一般のホテルや旅館と遜色ない会議室や研修室等の施設を完備したところもある。
料理も、格安な宿泊料にもかかわらず、食べきれないほどの美味しい料理がでてきて、大満足だ。
沖縄や九州等の簡保(かんぽ)の宿はやや値段が高いが、それでも他の宿泊施設よりは、はるかに安くリーズナブルだ。
更に簡保(かんぽ)の宿の会員になれば、簡保(かんぽ)の宿を上手に活かす度に、ポイントが貯まるが、10回上手に活かすと、1000ポイントのボーナスポイントが付いてくるのだ。
このポイントが貯まれば、簡保(かんぽ)の宿の関連施設や付近施設の活用の際に、割引価格で活用出きる他、誕生日に泊まるとプレゼントまで付いてくるのだ。
それに12:00までにチェックアウトすれば良い特典もついてくる為、ゆったり出きる。
これほどの特典がついてきて、更に入会金や年会費が無料だから、簡保(かんぽ)の宿の会員にならない手はない。


簡保(かんぽ)の宿の予約方法とメルマガ配信にかんして

簡保(かんぽ)の宿の予約は、インターネットの簡保(かんぽ)の宿のホームページから出きるから、実にべんりだし、[かんぽの宿月替わりお得情報]等では毛ガニの食べ放題等のキャンペーンが、メルマガで配信されてきて、旅行計画の参照に成る。
郵政民営化後の簡保(かんぽ)の宿の変わり様は、まさに庶民の味方と云ってよいような、歓迎すべき変身だ。
公的機関が運営する宿泊施設の中で、簡保の宿は別格と云えるぐらい、国民の立場に立った、本来の厚生施設としての活動を成し遂げていると云えるだろう。

[簡保(かんぽ)の宿]の事業譲渡とこれからにかんして

次に、[簡保(かんぽ)の宿]の事業譲渡とこれからにかんして観てみたいとおもう。
日本郵政会社は、2012年9月末までの廃止・譲渡が決定している宿泊施設[簡保(かんぽ)の宿]にかんして、2008年4月から一般競争入札の参加者を公募し、全国71か所を一括で事業譲渡する事を決定したそうだ。
2008年内にも事業譲渡契約を連結する考えのようだ。
簡保(かんぽ)の宿は全国に72か所ほど実在するが、東京・品川区の[ゆうぽうと]は活用価値が高い事から、事業譲渡対象から外したと云う。

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






Desknet's